ホームページ作成にはレンタルサーバーを使いましょう

レンタルサーバーとは | レンタルサーバーの基礎知識

レンタルサーバーとは?| ホームページ作成の基礎知識

レンタルサーバーはなぜ必要か

 

ホームページ開設、作成に必要と言われるレンタルサーバー。
しかし、なぜ無料のスペースではなく、わざわざ有料のものを使う必要があるのでしょうか?

 

ここではそんな素朴な疑問にお答えしていきます。

 

ホームページを見る時はサーバーからデータを取り出している

私たちが様々なホームページやウェブサイトを見る時は、インターネットエクスプローラー(IE)やGoogleChromeなどのネットブラウザを使いますよね。

 

ネットブラウザはインターネット回線を通して、見たいホームページやウェブサイトのデータをサーバーから取り出しています。

 

サーバーからデータを取り出してホームページを見る

 

ホームページやウェブサイトの作り手は、作ったホームページのデータファイルをサーバーに送ることで、第三者が見れるようになります。

 

サーバーにもいろいろある

サーバーの役割が分かって頂けたと思います。

 

次にホームページを作るうえで、作ったデータファイルをどこのサーバーに送るかを考える必要があります。

 

サーバーの選択肢は大きく3つあります。

 

  1. 無料サーバー
  2. 自前のサーバー
  3. レンタルサーバー

 

それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

無料サーバー

無料でサーバースペースを利用させてくれる会社があります。
その代りデメリットもあるのが無料サーバーです。

  • 動作が遅い
  • 容量が遅い
  • 容量が遅い
  • 機能が不十分
  • 対応してない言語がある
  • データベースが利用出来ないものが多い
  • セキュリティが不十分

 

自宅、自前のサーバー

自宅、自前のサーバーは、自分でサーバーを購入して自分でサーバーを構築します。
上級者向けであり、かかる費用はサーバー購入費だけで、レンタル費用等は必要ありません。
自分で自由に思う存分使用できます。

 

そのかわりメンテナンス、ウイルス対策、ハッカー対策等の管理が必要になり手間はかかります。

 

レンタルサーバー

レンタルサーバーはマンションの一室を借りるようなもの

各会社がレンタルしているサーバーです。

月額100円程度から利用できます。

 

各レンタルサーバー会社によってプランがいろいろあります。
サーバーの容量、対応言語、データベース利用数メールマガジン、カートが使用できたりします。
マンションの一室を借りるイメージです。

 

ホームページやウェブサイトを運営するうえで、
一番多く利用されているのがこのレンタルサーバーです。

 

ホームページ作成運営にはレンタルサーバーを使おう

無料サーバーを使ってある程度ホームページを構築して、それなりの訪問者が来るようになったとします。

 

しかし、ページ数を増やしていって途中で容量が足りなくなったり、
サーバー側が使いたい機能に対応してなくて使えないという事態になる場合があります。

 

そうなると、結局有料のレンタルサーバーへの引っ越しということになりますが、
無料で使っていた時のアドレスを引き継げなかったり、YahooやGoogleの検索順位も圏外になります。

 

こういう事態を避ける為に、最初からレンタルサーバーでホームページの運営をお勧めします。
初心者の人は最初は安いプランから始めても大丈夫です。

 

後から容量が大きいプランへの変更も出来るので、
将来的に長くホームページを運営するうえで安心です。

 

レンタルサーバーの利用料はピンキリ

レンタルサーバーは月額利用料100円程度から利用できますが、
月額1,000円以上するものもあります。

 

この違いは、利用料の高いレンタルサーバーは機能性が大きく優れています。
例えば、バックアップ機能においては前日のデータを保管しておいてくれるといったものです。

 

有名な高機能レンタルサーバー会社ではエックスサーバーが低価格かつ高機能でおすすめです。

 

しかしホームページを作成運営するうえでは、月額100円~300円以内のものでも十分です。

 

私が使っているのはロリポップの月額263円のプランですが、
不具合や不満無く利用できています。

 


トップページ 人気レンタルサーバーランキング 機能性で比較ランキング 月額100円台サーバー